TOPページ > 症状・事例 > 肩の痛み(スポーツ外傷好発部位)

肩の痛み(スポーツ外傷好発部位)

右肩横断面図

肩の痛みの出る場所は、大きくわけて、①肩鎖関節、②第二肩関節(肩峰下滑液包)、➂肩甲上腕関節(関節包内)、④結節間溝の4カ所です。

(1)肩鎖関節においての痛みは、肩から転倒して肩鎖関節を打ち付けて起きる「肩鎖関節脱臼」や「肩鎖関節内障」と言われ肩甲骨と鎖骨を結ぶ関節に洋々な原因でストレスがかかり炎症を起こしている状態をあらわします

(2)第二肩関節(肩峰下滑液包)においての痛みの代表は、「肩関節腱板炎」と「肩峰下滑液包炎」の二つが代表的で「肩関節腱板炎」とは、肩甲骨と上腕骨を結ぶ回旋筋腱円板(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)といわれる肩のインナーマッスルが第二関節の間に挟み込まれ炎症起こすことを言います。「肩峰下滑液包炎」は回旋筋腱板と鎖骨外端の間のクッション材となる肩峰下滑液包が第二肩関節が挟まれ炎症を起こすことを言います

(3)肩甲上腕関節とは一般的に肩関節と言われる場所で、ここが原因の痛みは「肩関節包炎」(四十肩症状のひとつ)、野球選手の投球障害の代表の「SLAPlesion(上方肩関節唇損傷)」、「RIlesin(腱板疎部損傷)」や肩関節の脱臼を繰り返す反復性脱臼などがあります

(4)上腕骨結節間溝の痛みの代表は、上腕二頭筋の使いすぎによる「上腕二頭筋長頭腱炎」や「上腕二頭筋腱断裂」があります

以上他にも肩の整形外科的疾患ございますが、代表的なものを上げさせて頂きました。これらの症状に対して、共立総合整骨院グループは、適切な評価を行いなぜそのようにな症状になったのか?根本原因をつきとめ最新の医療で最適な施術を行い根本から改善していきます。上記のような症状が起きた場合安心してご相談ください!!

その他

ふじてんスノーリゾート 治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin